B.B Liberte

講師の紹介

Stencil Painter
はるまめ (河村 春花)

経歴

2009年より角田まさ子のファブリックステンシル「グレープヴァイン」に入会。認定講師資格を取得。

ペイントフレンドvol.27/作品掲載
ファブリックステンシルの世界/作品掲載
グレープヴァイン作品展inNY、NIPPON
CLUB/作品出展

第一回グレープヴァイン作品コンクールにて最優秀賞受賞

2018/09/19
大阪ホテル・アゴーラ リージェンシー 堺にて受賞作品出展。

2019/6
角田まさ子のファブリックステンシル「グレープヴァイン」卒業。

現在 作家、講師、動画クリエイターとして活動中。

ステンシルとの出会い

学生の頃個性的なお洋服(パンク、ゴスロリ、ロリパンなど)が好きでした。普通のお店には中々好みのお洋服は無く、専門のブランド服は学生時代の私には手が届かなかったりして、既製品のお洋服に簡単なリメイク施してコーディネートしてました。最初は切る等のダメージ加工と安全ピンを沢山つけたりする位しか出来ませんでした。

それでも自分好みのデザインの服が見つからず簡単なリメイクだけでは満足出来なくて…無いなら描いてしまえばいい!
と学校で使用していたアクリル絵具で好きなデザインを手描きで描いて見ました。

初めての作品はとても気に入った1枚になりましたが、普通のアクリル絵具なので生地はガサガサに固まってしまうし洗濯で1回で殆ど色落ちしてしまい、とても残念な結果に。
そこで画材道具屋さんに足を運び「布専用絵の具」を購入。
それが現在もずっと使い続けている「pebeoのセタカラー」と言う商品でした。

セタカラーの使い方はイマイチ理解してなくても何枚も描きました。
そのうちにもっと効率よく描ける何かがあるはず。と絵の具に記載されているpebeoの公式サイトにアクセス。
そこで「角田まさ子のファブリックステンシル」と出会います。

さいごに

人生で趣味と言う自分の好きな事があるのと無いのとでは幸福度が大幅に変わると言われています。
何でもいいので、何か1つ好きな事を見つけるのはとても大事です。

長期的に続けられる趣味としてファブリックステンシルはとても魅力的だと私は思います。お洋服は一生着ます。
その時代に合わせてステンシルもどんどん変化し、成長していくでしょう。

また自立して自分の得意とする事がお仕事になれば嬉しいと思いませんか?
趣味を仕事にする。
特に女性はこれが出来る力を持っていると出産子育て等で退職しても将来の不安を軽減出来るかとおもいます。
そして何より自分に自信が持てるようになり、若々しくキラキラした人生を歩むことができるかと思います。

私の人生でそれを証明し、多くの方の支えになれるよう活動して行きます。

今後の活動について、
私はステンシルペインターとして、デザイン制作、作品制作、ネット活動、講師としての活動を中心に自分のやりたい事にどんどん挑戦して行きます。
勿論作品展を兼ねたイベント出典なども行い、作品販売やお客様との触れ合いも楽しみにしております。

そして
B.B Liberteではハンドメイド作家さんやアーティストさんの支援、講師育成を通し、女性の自立を手助けできるように活動して行きます。